【レース活動】リザルト 筑波選手権・茂木選手権(モテロー)

トップレース活動>リザルト 筑波選手権・茂木選手権(モテロー)

筑波選手権・茂木選手権(もてロー)のリザルトです。

筑波選手権 第一戦(3月10日)

 豊川裕之選手 ST600 (YZFR6)

  予選 6位 

  決勝 8

  best time 1'00''9

 松田明満選手 TC250(TZR250 3XV)

  予選 11位 (ウェット)

  決勝 2位 (ドライ)

  best time 1'03''8

 ※予選・決勝ともドライタイヤ使用。

 茂木選手権(もてロー) 第一戦(32425日)

 塩川栄二選手 JSB1000インター(YZFR1 14B

  予選 19位 

 決勝 12

 best time 1'59''3

 五井俊哉選手 CBR250R ドリームカップ(CBR250R)

  予選 23位 

  決勝 18

  best time 2'34''6

 阿部洋太郎選手 ST600(YZFR6)

  予選 15位 

  決勝 8

  best time 2'02''8

 茂木選手権(もてロー) 第二戦 (51213日)

 塩川栄二選手 JSB1000インター(YZFR1 14B

  予選 14

  決勝 10

  best time 1'59''0

  ※90度コーナーで転倒車がコースに残り赤旗、6周で成立。

 阿部洋太郎選手 ST600(YZFR6)

  予選 18(セミドライ)

  決勝 14位(ウェット)

  best time 2'13''0

 佐藤智仁 SP-6(YZFR6)

  予選 2

  決勝 2

  best time 2'01''0

 

 

 

 

 

続きを読む "【レース活動】リザルト 筑波選手権・茂木選手権(モテロー) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【レース活動】茂木選手権(もてロー)第一戦

トップレース活動>茂木選手権(もてロー)第一戦
3月24日(土)に開幕した茂木選手権(通称:もてロー)に、塩川栄二(JSB YZFR1-14B)、五井俊哉(CBR250Rドリームカップ CBR250R)、阿部洋太郎(ST600 YZFR6) …(クラスと車両です。)各選手が参戦しました。NO トラブル、NO クラッシュで終了しました。
レースの内容は改めてご報告させていただきます。
今回のレースに合わせて準備したことや当日の様子を写真でご紹介します。
3Dプリンターで制作したブレーキレバープロテクション(MFJレギュレーション対応)
テスト装着を依頼しています。(YZFR1/YZFR6/CBR250R)
Dsc_1029
YZFR1(14B)
 
Dsc_1051
CBR250R
Dsc_1031
サイレンサーエンド加工(MFJレギュレーション対応)
_20180322_154504
_20180322_154750
天気予報では良い天気のはずだったのですが雨が降り満足なテストができませんでした。
夕方近くになりライン上が乾きだしたのでできる範囲で、ラピッドバイクを装着したCBR250Rのセットを実施しました。
日が落ちる頃に雲が無くなり月がでています。
Img_20180323_175425_743
夜はピット内でマシンを横に翌日の作戦会議です。
Img_20180323_185845_691
JSB(YZFR1-14B)
Img_20180323_194928_262
BMW G310R…後方排気で、コンパクトな車体は街乗りの足にも楽しそうです。
乗ってみたい車両です。
29405282_1871305962902882_90939244_
CBR250Rドリームカップにフルエントリーする五井俊哉選手です。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【レース活動】 2018年 活動計画

トップレース活動>2018年 活動計画
T.T.MOTOからエントリーするライダーです。
(クラス・車両・サーキット・氏名)
●JSB1000 INT(国際) YZFR1(14B) 茂木選手権(もてロー) 塩川栄二選手 
●ST600(国内) YZFR6(13S)  筑波選手権 白石拓選手
●JP250/もて耐 YZFR25 澤村雅之選手
●エンデューロ BETA 倉科大輔選手
【新規加入選手】
●ST600(国内) YZFR6  筑波・茂木選手権 豊川裕之選手
●ドリームカップ CBR250R 茂木選手権 五井俊哉選手
●ST600(国内) YZFR6 茂木選手権(もてロー) 阿部洋太郎選手
●TC250 TZR250SPR 筑波選手権 松田明満選手
 
先日3月10日に第一戦の筑波選手権を豊川選手が走りました。
29026174_1502358489892840_7738372_2
予選6位、決勝8位(Best 0秒9)でした。予選はウエットパッチが残るスッキリしない路面でしたが決勝はドライ。ベストタイムを更新しました。今回のレースで見つけた課題を消化して次戦以降に生かしていきます。
Img_20180310_140457_752
今回、T.T.MOTOspec.エンジンユーザーと関係者がST600(YZFR6)に2台と、TC250(TZR)に参戦しました。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【YZFR1-14B】 準備その2 排気温度

トップ>【YZF-R1(14B)】準備その2 排気温度
Dscn8983
排気温度センサーです。
これを、
Dscn8988
№3に取り付けました。
走行中は500℃~600℃でした。
エンジンの仕様を変え燃調を排気温度と照らし合わせてセットしていきます。
Fhd0010_moment

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【YZF-R1(14B)】準備その1 完成

トップ【YZF-R1(14B)】 > 準備その1 完成

協力工場から車両を引き上げてきました。

M18P1.5のネジボスを各気筒に取り付けました。ここにセンサーを取り付け、数種類のデータを計測します。
4個の取り付け位置を可能な限り揃えました。

Dscn8897

次は茂木を実走して排気温度を計測予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【YZF-R1(14B)】開発車両

トップ>【YZF-R1(14B)】 開発車両

開発車両です。これはTEAM MASSA-Rで、2014年鈴鹿8時間耐久を走った車両です。

2014年の8耐後にTEAM MASSA-Rを離れましたが、T.T.MOTOに戻って来ました。

エンジンは組み立て直され外装も変わっていますが8耐一年目に一緒に戦った車両です。

仕入れた理由は観賞用にするためではなく、現行のR1について行き、抜き、勝てる仕様にするためです。(※1)
車両のポテンシャルは現行車両に間違いなく及ばないものと分かっていますが、ライダーとメカニカル的な妄想を形にして詰めていけば勝負になると考えています。

Dscn8812

まずはここに、奮発してあれを装着します。

続きを読む "【YZF-R1(14B)】開発車両"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【YZF-R1(14B)】 シェイクダウン @ 初もて北

トップ>【YZF-R1(14B)】 シェイクダウン @ 初もて北

もてぎ北ショートコースでシェイクダウンです。

サラリーマンライダーが、9月23・24日のもてぎロードレースまで本コースを走れるのは16日(土)のみ。

その日を有効に使うためにもここを走ることを決めました。

一本目は2速固定。二本目は2~4速で走行し、45秒台で周回。
走行風が弱いのもあり水温が90度を超えるため、二本目はショートシフトで走行です。

高回転時の評価は16日に。


Dsc_0678


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【YZF-R1(14B)】 バルブタイミング

トップ>【YZF-R1(14B)】 バルブタイミング

T.T.MOTO spec.で組み立て直したエンジンを、STDカムで良いバルタイの数字を探します。

Dscn8201


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【YZF-R1(14B)】 JSB仕様

トップ>【YZF-R1(14B)】 JSB仕様

もてぎロードレース(インター)にエントリー中のYZF-R1(14B…一つ前のです。)のJSB仕様を制作中です。

Dscn8177_2


面研とポート加工はデータを取りながら進めます。

Dscn8185

Dscn8188

写真の三本はシートカットに使う手作りステムシャフトです。EXの当たっていないシートは45度面には手を付けず修正します。

Dscn8189_2

写真はメタル合わせ中の物です。この作業はSST、STクラスの組み立て直しにも共通する作業です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【日記】 原点回帰・もて耐

トップ日記>原点回帰・もて耐

Dsc_0633

昨年、チームの忘年会で今年からもて耐に復帰することを決めました。

2016年まで全日本と8耐の作業を中心にしていたことも有り、時間のほとんどをそれらに費やしていて、また自身がバイクに乗れない日々に悶々とする時間を過ごしていました。

そこで、T.T.MOTOを続けていくために、独立を考えたときのことを思い出そうとしました。

昨年から、T.T.MOTO spec.のエンジンユーザーが鈴鹿4時間耐久にエントリーしています。今年は特スポ当日に納車することになってしまったので手伝いを兼ねてチームとウィークを過ごしました。

昨年まで3年間所属した、Team Massa-Rでの鈴鹿8時間耐久で3年目にSSTクラス2位になった時も、過去の全日本や、T.O.Tの時も結果が残ったレースはチームが一丸となり、楽しかったことを覚えています。

今年の4耐も楽しかったです。

バイクは楽しいはず。エンジンを組んでいても楽しいし、乗っても楽しいことを思い出さなきゃ。と、もて耐を走りました。

今年、第二ライダー白石選手のお子様誕生予定日が決勝日に被ることが分かり、ARS(アクティブ・レーシング・サービス)所属のJP250ライダー、藤澤彰教選手を代役に決めさせて貰いました。また、年に一回しかロードコースを走らない高山のお助けライダーとして、ピレリカップにエントリー中の阿部洋太郎選手に第4ライダーを依頼しました。

21169470_1968714096747163_177896303
左から、藤澤くん、湯もみちゃん、洋太郎くん

使用車両は1980年代のスズキ NZ250。 エンジンには手を付けずストックの状態で参戦しました。問題を抱えているエンジンと言うことを多くの方から情報をいただき、予選レースではその洗礼を受けたので決勝前日まで新ライダーの二人にはマシンにまたがることもさせてあげれませんでした。

ですが、想像以上の走りをみせてくれました。

トラブルの処理をしながらのレースになりましたが、選手権にエントリー中のST600ライダー、豊川裕之選手のヘルパーに助けられ無事に終えることができました。

やっぱり、楽しかったです。

ちなみにT.T.MOTOもて耐ライダー・ヘルパーは、皆、T.T.MOTO spec.エンジンユーザーです!


21170955_1968714193413820_119562132


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧