【レース活動】T.T.Moto 筑波選手権第1戦、茂木選手権(もてロー)第1・2戦 結果報告

トップレース活動>T.T.Moto 筑波選手権第1戦、茂木選手権(もてロー)第1・2戦 結果報告    

2019/5/21更新

今日までに筑波選手権第1戦、茂木選手権(もてロー)第1・2戦 が行われました。

筑波選手権 第1戦(3月9日)

ST600 豊川選手 予選12位・決勝9位

    ジェゲデゼック選手予選1位・決勝1位

CBR250Rドリームカップ 須藤選手20位・決勝22位

600final ST600決勝リザルト

Cbrfinal CBRドリームカップリザルト

茂木選手権(もてロー) 第1戦(3月23日)

JSBINT 塩川選手予選21位・決勝19位

ST600 阿部洋太郎選手予選6位・決勝7位

    ジェゲデゼック選手予選2位・決勝13位

0323trmjsbintfinal JSB INTリザルト

0323trm600final ST600リザルト

茂木選手権(もてロー) 第2戦(5月19日)

JSBINT 塩川選手予選20位・決勝17位

ST600 阿部洋太郎選手予選6位・決勝5位

    ジェゲデゼック選手予選2位・決勝1位

CBRドリームカップ 五井選手予選25位・決勝24位

0519trmjsbint_final JSBINTリザルト

0519trmfinal600 ST600リザルト

0519trmcbrfinal CBRドリームカップリザルト

20190519_142350

20190519_133959

20190519_160457

20190519_160433_001

 

 

 

 

| | コメント (0)

【レース活動】文部科学大臣杯 2018 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 第50回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿

トップレース活動文部科学大臣杯 2018 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦   第50回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿

1541162567361

45365633_2169127949799205_799130214 「VESSEL」facebookより。

一年間担当したアケノスピードヤマハ小山葵選手の全日本ロードレース最終戦、MFJ SUZUKA GPの予選が113日(土)、決勝が4()に行われました。

結果

予選23位(ベスト2’16’’5ドライ)

ウォームアップ20位(ウェット・4ラップ目に転倒)

決勝19位(ウェット)

最終戦は木曜からフリー走行があり予選までに二日間使いマシンセットを決めます。

二日目のフリー走行でベストを更新しドライセットを決めました。

予選はドライでベスト更新し23位。その日の夜から雨で朝には上がる予報が昼過ぎまで降り続けウォームアップと決勝もウェットになりました。

ウォームアップはウェットのセットに変更し走行しましたが、4 ラップ目のヘアピンでハイサイト転倒。

ライダーは無事、マシンは右フロント周り、ステップとケースカバーが割れる等のダメージ。約2時間で、修理とセットの変更をして決勝へ。

12ラップから10ラップになった雨の決勝です。前回の岡山rd.で雨の走行に自信をつけ順位を上げていきます。68ラップは17位を走行しますが9ラップ目に失火のような症状が出て2台に抜かれ19位でチェッカーを受けました。

ランキングは26位にアップ。チームランキングは3位に。

アケノスピードヤマハは、監督兼ライダーの稲垣誠(#74)、南本宗一郎(#9)、仲村優佑(#14)、小山葵選手(#38)の4ライダーがエントリーしました。

1541243042362 「VESSEL」facebookより。

下記にて記事にしていただいています。

●伊勢志摩経済新聞 

全日本ロードレース チーム「アケノスピード・ヤマハ」総合で5位(写真=加藤直人)

https://iseshima.keizai.biz/photoflash/9036/

●VESSEL(工具メーカー)

 

https://www.facebook.com/vesseltools/?__tn__=kCH-R&eid=ARAnUfHZ5dtrf4wYsczZMby4MCio4tAGTZDDBj01dnZBARigs7kOytXy2KON4IYY6qhh458hfbSGkiQr&hc_ref=ARTmb9QmgMsUoDRWxWvrYdUWhYVd8iErxineKTQBv4BV-TFv15ymobcjcFENyjXn0jQ

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【レース活動】2018 鈴鹿8耐決勝

7月29日(日)、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)にてロードレース「2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース。通称:鈴鹿8耐」の決勝が開催され、T.T.MOTOがサポートする青木宣篤選手(#9 MotoMapSUPPLY)は、総合23位(SSTクラス4位)で完走しました。

トップレース活動>2018 鈴鹿8耐決勝

Ewc5ghmotomapteam

 11時30分の決勝スタート前に突然の大雨が降り、ほとんどのチームがレインタイヤを選択する中、天候の回復を見込んでスリックタイヤ(乾燥路面用のタイヤ)で出走。しかし、これが裏目にでてしまい、スタート直後は最下位レベルにまで順位を落とします。

 30分ほどで路面が乾燥しだし、挽回を図りましたが、その後も晴天・大雨・セーフティーカー導入など、めまぐるしく状況が変化。それでも、今野由寛/ジョシュ・ウォーターズ/青木宣篤の3選手が交代しながらアタックし、レース終了1時間前までには20番手前後まで順位を上げました。

 しかし、最後のピットインでトラブルが発生してしまい、結果、出走台数64台中、23位(SSTクラス4位)で19時30分にチェッカーを受けました。

38071479_1106674122847302_116253307

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【レース活動】2018 鈴鹿8耐準備

トップレース活動>2018 鈴鹿8耐準備

Dscn9988
6月の全日本筑波戦から7月の8耐テストまでほぼ店を空けて8耐の準備にかかっていました。
テストを終え、次はピット作業の準備に取り掛かります。(ようやくここに辿り着きました。)
一つはスタンドプレートの製作です。形になりましたがここから改良を始めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【レース活動】2018 鈴鹿8耐 

トップレース活動>2018 鈴鹿8耐

34910990_1090422491097281_485189739

 T.T.MOTOは、2018年7月29日(日)三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開催される鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)に出場する「#9 MotoMapSUPPLY(モトマップサプライ)」チームの青木宣篤選手のサポートをすることになりました。

  同チームは株式会社Sサプライが運営し、ライダーは今野由寛選手、ASBKチャンピオン ジョシュ・ウォーターズ選手、スズキMotoGP開発ライダー青木宣篤選手の3人でSSTクラスへ参戦します。市販車に最も近い形の車両での参戦でスズキGSX-R1000Rのポテンシャルの高さを証明します。(参考:MotoMapSUPPLY 2018 鈴鹿8耐参戦発表

 全日本ロードレース・8耐の為、留守がちになりご迷惑をおかけします。ご理解いただけますようお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【レース活動】リザルト 筑波選手権・茂木選手権(モテロー)

トップレース活動>リザルト 筑波選手権・茂木選手権(モテロー)

筑波選手権・茂木選手権(もてロー)のリザルトです。

筑波選手権 第一戦(3月10日)

 豊川裕之選手 ST600 (YZFR6)

  予選 6位 

  決勝 8

  best time 1'00''9

 松田明満選手 TC250(TZR250 3XV)

  予選 11位 (ウェット)

  決勝 2位 (ドライ)

  best time 1'03''8

 ※予選・決勝ともドライタイヤ使用。

 茂木選手権(もてロー) 第一戦(32425日)

 塩川栄二選手 JSB1000インター(YZFR1 14B

  予選 19位 

 決勝 12

 best time 1'59''3

 五井俊哉選手 CBR250R ドリームカップ(CBR250R)

  予選 23位 

  決勝 18

  best time 2'34''6

 阿部洋太郎選手 ST600(YZFR6)

  予選 15位 

  決勝 8

  best time 2'02''8

 茂木選手権(もてロー) 第二戦 (51213日)

 塩川栄二選手 JSB1000インター(YZFR1 14B

  予選 14

  決勝 10

  best time 1'59''0

  ※90度コーナーで転倒車がコースに残り赤旗、6周で成立。

 阿部洋太郎選手 ST600(YZFR6)

  予選 18(セミドライ)

  決勝 14位(ウェット)

  best time 2'13''0

 佐藤智仁 SP-6(YZFR6)

  予選 2

  決勝 2

  best time 2'01''0

 

 

 

 

 

続きを読む "【レース活動】リザルト 筑波選手権・茂木選手権(モテロー)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【レース活動】茂木選手権(もてロー)第一戦

トップレース活動>茂木選手権(もてロー)第一戦
3月24日(土)に開幕した茂木選手権(通称:もてロー)に、塩川栄二(JSB YZFR1-14B)、五井俊哉(CBR250Rドリームカップ CBR250R)、阿部洋太郎(ST600 YZFR6) …(クラスと車両です。)各選手が参戦しました。NO トラブル、NO クラッシュで終了しました。
レースの内容は改めてご報告させていただきます。
今回のレースに合わせて準備したことや当日の様子を写真でご紹介します。
3Dプリンターで制作したブレーキレバープロテクション(MFJレギュレーション対応)
テスト装着を依頼しています。(YZFR1/YZFR6/CBR250R)
Dsc_1029
YZFR1(14B)
 
Dsc_1051
CBR250R
Dsc_1031
サイレンサーエンド加工(MFJレギュレーション対応)
_20180322_154504
_20180322_154750
天気予報では良い天気のはずだったのですが雨が降り満足なテストができませんでした。
夕方近くになりライン上が乾きだしたのでできる範囲で、ラピッドバイクを装着したCBR250Rのセットを実施しました。
日が落ちる頃に雲が無くなり月がでています。
Img_20180323_175425_743
夜はピット内でマシンを横に翌日の作戦会議です。
Img_20180323_185845_691
JSB(YZFR1-14B)
Img_20180323_194928_262
BMW G310R…後方排気で、コンパクトな車体は街乗りの足にも楽しそうです。
乗ってみたい車両です。
29405282_1871305962902882_90939244_
CBR250Rドリームカップにフルエントリーする五井俊哉選手です。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【レース活動】 2018年 活動計画

トップレース活動>2018年 活動計画
T.T.MOTOからエントリーするライダーです。
(クラス・車両・サーキット・氏名)
●JSB1000 INT(国際) YZFR1(14B) 茂木選手権(もてロー) 塩川栄二選手 
●ST600(国内) YZFR6(13S)  筑波選手権 白石拓選手
●JP250/もて耐 YZFR25 澤村雅之選手
●エンデューロ BETA 倉科大輔選手
【新規加入選手】
●ST600(国内) YZFR6  筑波・茂木選手権 豊川裕之選手
●ドリームカップ CBR250R 茂木選手権 五井俊哉選手
●ST600(国内) YZFR6 茂木選手権(もてロー) 阿部洋太郎選手
●TC250 TZR250SPR 筑波選手権 松田明満選手
 
先日3月10日に第一戦の筑波選手権を豊川選手が走りました。
29026174_1502358489892840_7738372_2
予選6位、決勝8位(Best 0秒9)でした。予選はウエットパッチが残るスッキリしない路面でしたが決勝はドライ。ベストタイムを更新しました。今回のレースで見つけた課題を消化して次戦以降に生かしていきます。
Img_20180310_140457_752
今回、T.T.MOTOspec.エンジンユーザーと関係者がST600(YZFR6)に2台と、TC250(TZR)に参戦しました。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【YZFR1-14B】 準備その2 排気温度

トップ>【YZF-R1(14B)】準備その2 排気温度
Dscn8983
排気温度センサーです。
これを、
Dscn8988
№3に取り付けました。
走行中は500℃~600℃でした。
エンジンの仕様を変え燃調を排気温度と照らし合わせてセットしていきます。
Fhd0010_moment

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【YZF-R1(14B)】準備その1 完成

トップ【YZF-R1(14B)】 > 準備その1 完成

協力工場から車両を引き上げてきました。

M18P1.5のネジボスを各気筒に取り付けました。ここにセンサーを取り付け、数種類のデータを計測します。
4個の取り付け位置を可能な限り揃えました。

Dscn8897

次は茂木を実走して排気温度を計測予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧