« 【マン島のおにぎり】 | トップページ | 【ポイント交換・調整】 »

【ヘリサートM22P1.5】

トップ営業内容・修理・メンテ>ヘリサート加工

22
33
44

ドカティST2のエンジンオイルドレン、ケース側のヘリサート加工です。

タップを直角に立てることと、大きいヘリサートを挿入するのに冶具と手技を駆使しました。

人気ブログランキングへ

ブログランキング

|

« 【マン島のおにぎり】 | トップページ | 【ポイント交換・調整】 »

コメント

その節はありがとうございました。
私はこれを人工肛門と名付けましたが、
その肛門を見せろという仲間がおります。

ドレンボルトを外して見せるのもいいですが
手間がかかるしオイル代も惜しい。
そこでこのページURLを紹介しておきますね。

これを見て『私もお願い』という潜在顧客が
いましたら、ぜひお声がけを!!!

投稿: kikuzzi | 2010年3月12日 (金) 11:13

kikuzzi さん

コメントをありがとうございます。

レスが大変遅くなりすみません。。

ご友人に見せる度にドレンを外すわけには
いきませんよね。当ブログを紹介してくださってありがとうございます。

ドカティのドレンを痛めた方から問い合わせをいただいたらご連絡させていただきます。

よろしくお願い致します。

投稿: タカヤマ | 2010年4月 8日 (木) 12:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ヘリサートM22P1.5】:

« 【マン島のおにぎり】 | トップページ | 【ポイント交換・調整】 »